So-net無料ブログ作成
検索選択

『私は貝になりたい』 [映画]

私は貝になりたい.jpg

試写会には全てハズれ、初日舞台挨拶のチケットも入手できなかった
SMAP中居ファンであります私。
オリジナルが名作であり、【11/22=いい夫婦の日】公開でもあり、
製作サイドが高校生対象の試写会を企画したり “命の大切さ”を 今の時代に訴える…
そんな意図の作品でもあるので、日頃は 私一人でSMAP活動に勤しんでいる
そんな我が家ではありますが、珍しく皆の都合が合った今日 初日、
ダンナ殿と 高3の娘と 一家3人で [映画]鑑賞してきました!(*^^)v

中居クンに関して 「歌も問題あるし、演技も 天才ピアニストとか なんか無理あったよね[バッド(下向き矢印)]
同じ監督でしょ[exclamation&question]」等々批評かしましかった(!?)ウチのダンナでありましたが、
この作品の中居クンの演技には(特に終盤!!)感嘆して居りましたぁ!
「やる時は やるんだね」みたいに。。。そうよ!“やる時やれば”いいのよ!(-o-)/
ファンとしては、あそこまでの減量を成し遂げた中居クンに いちばん報いる応援をしたい!
…と なったら、とにかく 劇場への動員を増やすことでしょ!
日頃 母のSMAP応援に冷めて呆れてる(…ふりをしてる !? ^^; )娘も
想いのほか反応してくれて、親子で 戦争とか“世の理不尽”とかについて話す
貴重な機会となりました。

そう。このドラマは、戦争の理不尽さ・不条理を描いておりますが、
「どうして??!なんで俺がっ?!!」という 主人公豊松の叫びは、戦争の起こっていない
武器の介在しない現在の日本に於いてだって、
組織に属して組織の目的遂行のために行動している社会人にとっては、身に積まされて然るべき
起こりえる身の上とも思えます。
(「極刑」に当たるか…という〔程度〕は 外して。自分が罰せられるのか…という観点で。)
折も折 現在進行形で、年金行政の失策が 凶行の動機ではないか?!と 疑われている…
その(過去の)担当者が狙われ命を奪われる事件が起きています。
大きな組織が成した悪行の責任の所在は誰に在るのか?!
これは、現代にも通じる 社会人に負わされた命題とも とれると思います。
ダンナは中間管理職の年齢ですので、結構この観点で 感じ入る点も あったみたい。
このドラマでは、石坂浩二さん演じる司令官(=上司)が 「責任は全て自分に在る」と
立派に責任を取ろうとします。…が、それでも主人公は救われない。。。
これって悲し過ぎる。。。現実には こんな立派な上司にも なかなか巡り会えないし。。。

 11/24≪追記≫
  上記の事件の犯人が捕まりましたね。
  犯行の動機に 「年金テ○」という大義は無かったらしい。ただ、この事件に応じて
  次の標的に該当しそうな歴任者への警備が強化されたのは事実。
  戦勝国主導による戦犯裁判は 「報復」の色合いが強かったとも言われていますが、
  正当性が損なわれやすい そして 大義名分にされやすい点において、
  同様な観点で熟慮していかなければならない課題と思います。


私は中居ファンとして この作品のキャンペーン映像・語録等々 かなり追っていたのですが、
本編を観て まず驚いたのは・・・
豊松が“片足を ひきずっている”=足が不自由な設定だったことです!!
これは過去作=フランキー堺所ジョージversionでは なかった描写で、
これで “こんな小心者の庶民が どうして罰せられなければならないのか!?”という悲劇性が
映像的に一層 極まったと感じました。。。それって、演出の目論見としては
ちょっと“あざとい”かもしれない。。。
でも「悲惨さ」という点を強調するに 分かりやすかったけど。。。
 ここで≪追記≫
豊松が足に障害を持っている演出に関して解説している記事を見つけました[目][exclamation×2]
http://www.47news.jp/topics/entertainment/cinema.php 
私は ちぃと“うがった”見方をしておりました。(~_~;)ゞ
監督の意図は、全然 別のところに あったんですね。


なんせ、オリジナル版で豊松を演じたフランキー堺さん…プクプクした“おまんじゅう顔(!?)”で
このVisualのおかげか ちょっとホッとする映像でしたもの。
あの時代は、茶の間で家族皆そろってTV[TV]見てた生活で
そこに提供する映像として、あれで“ちょうどいい”感じだったんでしょうね。
今作の中居クンの豊松は、足が不自由な上に REALにゲッソリしていきますから、
『命の授業』として 思春期の子供に提供するのであれば
大人(親とか)の注意が必要かも…と思いました。
だって、これは 豊松が 結局 救われない結末に向かっていく ドラマなんです。
「なぁ~んだ。不運に見舞われたら、努力しても 愛情深い家族に囲まれてても、覆せないんダ」と
解釈されては困ります。(実は中高年にも、そう解釈したくなるよな現実が あったりしますが…[たらーっ(汗)]
そんな点、我が家は ちょうど娘の大学が決まってた…そんなタイミングだったので、
一緒に観られて良かった!違うタイミングだったら ちょっとキツかったかも。


そして。SMAPファンが注目してた…ポンとの数分間の共演SCENE☆
死刑囚同士として同房で一晩を過ごす・・・そのシーンですが、中居クンには申し訳ないですが
ポンが役者として圧倒してたと思います。正直 言って。
その役柄の気丈さvs気弱さに因ったとも言えますが、
中居を食ってた(!)のは 否めないかなぁ。^^;
だからと言って、ではポンが豊松を演じたら!?…と言われたら、
それは違うと思ふ。豊松は まさに中居クンの役と思います。
豊松は 元々「超」が付くほど朗らかな男で、貧しさとか 境遇に恵まれなくても
持ち前の明るさで乗り越えて 暖かな家族を作っていける…
そんな まさに中居クンみたいな男なんです。
こんな究極の悲劇が起こらなければ。。。だから、終盤に至って絶望する…その豹変ぶりが、
このドラマの主演者に課せられた力量なんですから!
その点で、合格どころか 彼でなければ成らない役者ぶりだったと思います。
これが 従前からのファンの賞賛のみならず
今まで批評がちだった層からの賞賛に拡がってくれることを願ってやみません!


次回は、まさに戦争体験者である80代の母を誘って映画館に連れて行きますぞ。
二十歳で終戦を迎えた母は、現実に戦犯を憎んでいる世代です。
今作の解説に接して 私も初めて知ったのですが、当時 死刑の判決を受けた、でも
その事を報道もされなかった戦犯=軍隊内での発言権など持たない
豊松のような一般市民が900人以上も居たこと!母とも話をしてみたいです。
このドラマで 戦犯容疑の豊松の減刑を求めて 嘆願書の署名を集める妻=房江
「戦犯のために できるか[むかっ(怒り)]」と 怒りで反応する戦死者の遺族も描かれています。
同じ目的のために一丸になっていたはずの同国民も、戦争が終われば 道が分かれる。
他方で、豊松に心を通わせる 思いやりある連合軍側の看守も描かれていて、
敵と味方って 事態の変遷で ただ一つには定まらないんだ…と 思い至ったりもしました。


SMAPファンは既に [TV]「スマスマ」ビストロに出演した 豊松の息子役
坊=加藤翼クンの可愛さに魅せられてますが、
豊松の逮捕後に生まれた赤ちゃん=直子役を演じてた女の子が 超・素晴らしかった[exclamation×2]
あんな度胸のある赤ちゃん[黒ハート] なかなか居ないと思ふ[ひらめき]
中居父のこと 目を逸らさず じっと見つめる眼差しなんて、まさに女優☆
あの子☆将来 女優になるのかしらん!?健一=加藤翼クン共々将来が楽しみだったり♪ ^m^


私は貝になりたい <1959年度作品>

私は貝になりたい <1959年度作品>

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD



私は貝になりたい <1958年TVドラマ作品> [DVD]

私は貝になりたい <1958年TVドラマ作品> [DVD]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: DVD






「私は貝になりたい」 オフィシャルブック (ぴあMOOK)

「私は貝になりたい」 オフィシャルブック (ぴあMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ぴあ
  • 発売日: 2008/11/10
  • メディア: ムック



私は貝になりたい (朝日文庫 は 31-1)

私は貝になりたい (朝日文庫 は 31-1)

  • 作者: 橋本 忍
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2008/11/07
  • メディア: 文庫


nice!(9)  コメント(8)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 9

コメント 8

shikaku

こんばんは!
中居君への熱い想いが伝わってきました!
私も男ながら、中居君の一ファンです。
戦争を題材にしていることもあって、いろいろな反応があると思いますが、普段見せない真剣な演技をみれただけでも、この映画を観てよかったな、と思います。
by shikaku (2008-11-22 21:33) 

流星☆彡

☆shikaku様
週に一回 映画館で鑑賞されているなんて、超・羨ましいデス!
あの…房江と子ども達が未来に期待できるのか?!不穏なエピローグ
オリジナルから変わらぬ結末の描写なんですけど、青少年に説明するに
希望の兆しで結んでほしかった!マジで。。。
by 流星☆彡 (2008-11-22 22:13) 

Sebastian

おはようございます。コメントありがとうございました。

組織の一員として、石坂浩二さん演じる矢野中将の後半の態度には心打たれました。観た後に知りましたが、瀬戸口プロデューサーと脚本の橋本先生が新たに描きたかった視点の1つだそうで。

そして金網越しに我が娘と始めて対面するシーン、2度観てもナビ番組見ても涙なしには見られません。

草薙くんとの共演シーン、中居ファンでもそう感じましたか(・_・)
動きの少ない演技であれだけの表現・・・圧倒されました。
by Sebastian (2008-11-23 05:11) 

流星☆彡

☆Sebastian様
エキストラ出演された方の記事☆面白く読ませていただきました♪
私は中居クンOnlyではないんですよ。しんつよなかい3人共 同じくらい
FANなんです♪ 一人に決められない“ユル~いFAN”とも言える。(^^ゞ
今日 赤坂サカスの写真展☆見てきましたが、闇市の場面の大写真も
あって、女性のエキストラやりたかったな!とか ちょっと思った。。。でも
女性枠は競争率が高くて~[__どんっ]
by 流星☆彡 (2008-11-23 23:18) 

ももね

さすが!初日に行かれたんですね~^^

でもブログを読ませて頂いて驚きました。豊松の足が不自由だった設定は
過去作ではなかったとは!
そう。なんで障害があるのに、戦争に行かされるんだろう・・って
私も見ていて疑問だったんですが、そんな監督の意図があったなんて。
そこまでは全然気づけませんでした(><)
一緒に行った、友達に早速教えてあげようと思います。

そして剛は、たったあれだけのシーンなのに、ホントに存在感ありましたよね~!
まず最初に泣いたのがそのシーンでした^^;
by ももね (2008-11-24 01:05) 

流星☆彡

☆ももね様
ストーリーの説明もしないレビューで、読者の方の事なんて ちっとも配慮して
ない 勝手&気ままな記事で、恐縮です。もう ただただ自己満足のためだけに
書いてて。。。f(-_-;)
で。過去作を承知の上の感想でして。そう!“兵役を逃れたくて、(身体)検査の
直前に 醤油を一気飲みして 体調を壊した”…とかの逸話も聞きますが、
徴兵ですもの。健康面に大きな支障があったら、基本 徴兵されないされない
はず。そのかわり、「非国民」と罵られ 残るも地獄だったかもしれない…
それが当時の常識と思います。なので、足が不自由な豊松という設定は
かなり思いきった改変ですよ!!確かに、中居クンが普通に走っても
軽やかになっちゃって(!!)悲劇の前兆の描写は叶わないかも ね。。。

剛ポンは 圧倒的な存在感を見せつけて 天晴(アッパレ)でしたね!
「SMAPで よかった~♪」が 口癖ですけど、「剛がメンバーで よかった~!」が
中居クンの本音になるのでは!?(^.^)
by 流星☆彡 (2008-11-24 01:40) 

チヨロギ

とても読み応えのあるレビューでした!!
ずいぶん昔、フランキー堺版を見たことがあります。
記憶力が衰えてて( ̄ー ̄;)、細部まではよく憶えていないのですが、
リメイクに値する名作ですよね。
うちの母は女学校から軍需工場へ勤労奉仕に行かされて、
卒業の年に終戦を迎えました。もちろん卒業式はナシ。
この原作ドラマのほうはよく知っていて、
中居くんの演技にもすごく興味があるようですが、
つらい結末を知っているから観に行けない・・・と言っております。
テレビの宣伝をいっぱい見せて、その気になってきたら即映画館へ!
と企んでいるんですけどねー。
私としては、剛くんの名演技もひじょーに気になるところです( ̄ー ̄)
by チヨロギ (2008-11-24 22:10) 

流星☆彡

☆チヨロギ様
↑ ももねさんにも言い訳したけど、ストーリーの説明は毎度(!)しないし、
アクセス数とか読みやすさとか意識したら 自分には発信など出来ないと
割り切って、ただただ自分が書く気が湧いたことだけ並べてるので。
これも、オリジナル未見の方や 中居クン&SMAPに興味のない方が
読まれても f( ̄~ ̄;)ウ~ン…なだけと思っていながら UPしてて。
感想いただいて恐縮です。(~_~;)ゞ
結末。。。映像描写が今作は 従前の作品よりもショッキングな描き方
(あえて!?)されてるので、高齢の母には私も未だ 観せるの迷ってたり
してます。実は…。中居クンが演技力に関して とかく“あれこれ”評されてる
キャラなのを払拭するに 効果的な演出とは思いますので、その点で
割り切って観るのが良策と思ふ。
剛ポンは、正直 役者としては中居よりProfessionalと印象づけるに充分な
演技でした[__ぴかぴか]・・・(ちゃんと劇場動員に貢献するから、正直者の
私を許して!中居クン!m(__)m ←(ーー;) )
by 流星☆彡 (2008-11-25 09:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。